干し芋について

さつま芋の種類

【紅はるか】
美しい黄金色で強い甘味が特徴的です。
ねっとりとしていて、焼き芋にしても美味しいと人気の品種です。

 

【泉13号】
古くから干し芋加工用として用いられていますが、収穫量が少ないことから、 ここ数年でだいぶ生産量が減ってしまった「幻のさつまいも」と言れるほど希少な品種です。

芋本来の味わい深い甘さとコクとが感じられ、根強い人気があります。

干し芋の種類

【平干し】
最も一般的な形状で、さつま芋をスライスして干したものです。

 

【丸干し】
さつま芋をスライスせずにそのまま干した、干し芋です。
天日干しに平干しの倍以上の時間がかかります。
また生産量も少ないため、平干しよりもやや高価です。
丸干しは、ギュっと実が詰まっていて、ねっとりと食べ応えがあり、一口の満足感を十分に感じていただけます。

 

 

干し芋の食べ方

【そのまま】
一番のおすすめは、そのままで自然の風味をお楽しみ下さい。

【電子レンジ】
電子レンジで温めると、粘り・ねっとり感がさらに増し、甘さが凝縮します。

【オーブントースターや石油ストーブの上で焼く】
オーブントースターや石油ストーブの上で焼くと、外はカリッとして、中はもっちりとした食感がお楽しみいただけます。
干し芋の香ばしさを、最大限に引き出す温め方です。

・夏は冷たいままスイーツ感覚でお召し上がりいただけます。

干し芋の保管方法

●干し芋の保存方法で一番良いのが、直射日光が当たらなくて、定温で気温が10℃以下の場所。
●短期保管は冷蔵庫での保存でお願い致します。
●長期保存される場合は、冷凍保存がおすすめです。

半年前後は十分おいしくお召し上がりいただけます。
小分けしてラップ・ビニール袋等に包み冷凍庫に保管してください。
食べたい分だけ自然解凍すると、美味しくいただけます。

干し芋の賞味期限

冷蔵庫での保管で、バラ詰めは「14日間」、真空パックは「2カ月」です。

干し芋についた白い粉状のものは、さつま芋の糖分が出て結晶化したものです。

PAGE TOP